生命保険の基礎から応用までをお勉強。比較のポイントや選び方、見直しっていつのタイミングでどうやるのか?おすすめとか人気の商品ってすすめられるけど実際どうなの?等々をご紹介!解約、解約返戻金、掛け捨てなどの用語も説明します!

生命保険のおべんきょう

生命保険の色々

住宅ローンを組んだら生命保険も見直しをするってなぜ?

投稿日:

住宅ローンを組んで家を購入したら生命保険の見直しをしましょう。

 

住宅と生命保険って何か関係あるのって思うかもしれませんね。

 

住宅ローンと生命保険の関係を確認していきましょう。

 

住宅ローンについてくる保険?

住宅ローンを組むためには団体信用生命保険に加入する必要があります。

 

団体信用生命保険とは、住宅ローンを組んだ人=お金を借りた人を被保険者として契約をする生命保険のことです。

 

万が一、お金を借りた人が亡くなってしまった場合でも、保険で借金を完済することができます。

 

住宅ローンは数千万になることが多いので、残された方に大きな借金を残さずに済むので必要な保険ですね。

 

金融機関としてもしっかり返してもらえるとわかっているのでお金を貸しやすくなります。

 

ちなみに金融機関で団体信用生命保険は用意してもらえるようですが、自分でそれ相応の保険を探してきてもいいらしいです。

 

 



大きな費用である住居費を再計算

生命保険は万が一のことがあった場合に経済的なリスクによって残された人が困らないようにするための金融商品です。

 

必要保障額を算出する時に、「生活費分」とか「生活費の〇〇%分」等と算出をして計算することがあります。

 

例えば、給料が30万の人に万が一のことがあったら、30万円の80%である24万を残してあげたい。10年分ぐらいあればいいかな?と思ったら、24万×12か月×10年=2,880万が必要だという計算の仕方です。

 

必要保障額の計算についてはこちらの記事を参考にしてみてください。
>>【個人編】生命保険の必要な額って?必要保障の考え方!

 

問題なのはこの生活費の中に住居費(家賃)が含まれている可能性があることです。

 

住宅ローンを組んだことによって、住居費に関しては別枠で保険が用意されることになります。

 

そうであれば、生活費の中に含まれている住居費を除いて生命保険の必要保障額を考えないと住居費の部分が二重になってしまいます。

 

先ほどの給料30万の中のうち7万円が家賃であれば、30万−7万=23万を基本として計算をしないといけません。

 

なので住宅ローンを組んだら生命保険は見直しを検討した方がいいのです。

 

 

大きなイベント時には見直しを検討しよう

家を買うというのは人生において大きなイベントですが、その他にも結婚、出産、子供の進学等々、色々なイベントがあります。

 

最低限、このような大きなイベントが発生した時には保険の見直しをするようにしましょう。

 

 

-生命保険の色々

Copyright© 生命保険のおべんきょう , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.