生命保険の基礎から応用までをお勉強。比較のポイントや選び方、見直しっていつのタイミングでどうやるのか?おすすめとか人気の商品ってすすめられるけど実際どうなの?等々をご紹介!解約、解約返戻金、掛け捨てなどの用語も説明します!

生命保険のおべんきょう

生命保険の選び方

生命保険の見直しをする時期は!こんなイベントの時がタイミング!

投稿日:

生命保険・・・入ったはいいけどずーーーっとそのままにしていませんか?

 

生命保険は契約をする時の状況に合わせて保障金額等を設定します。

 

その契約時の状況と現在とでは色々と変わっていませんか?

 

家族がいる・・・引っ越しをした・・・転職した・・・

 

生命保険はあなたの環境の変化に合わせて見直しをする必要があります。

 

今回は生命保険の見直しの時期についてご紹介したいと思います。

 

生命保険の見直しの時期

生命保険の見直し時期について代表的なものをご紹介します。

 

これら以外にも環境変化があった場合には、チェックをするようにしましょう。

 

結婚

結婚は人生の大きな節目になります。

 

守るべき配偶者ができるのでしっかり考える必要があります。

 

これは男性でも女性でも同じで、自分に万が一のことがあった場合に残された配偶者が経済的にどのように困る可能性があるかをしっかり考えましょう。

 

配偶者の方が自分で働いて稼げる方であれば、大きな保障は必要ない可能性が大きいです。葬儀費用など自分の身辺整理分の保障があれば十分でしょう。

 

どちらか一方の収入に依存している場合には、葬儀費用以上に保険金を残さないといけない可能性があります。

 

残された配偶者がどのぐらい自分で稼げるのか?等によって変わってくるでしょう。

 

住宅購入

住宅を購入するタイミングも保険の見直しをするタイミングになります。

 

住宅購入時に団体信用生命保険に契約することが多いため、現在入っている保険と保障が重複することがあります。

 

この場合は、保険の方を減額する等して無駄に保険料をかけないようにしましょう。

 

出産

子供が生まれると保障額は大きく見直しをしないといけない可能性があります。

 

夫婦2人だった場合には、生活費だけの準備で良かったのですが、子供が生まれると子供の生活費と教育費なども考えないといけなくなります。

 

子供1人を育てるには1,000万以上かかると言われているのでしっかりと保険の見直しをして、残された家族が経済的に困らないようにしましょう。

 

子供の独立

子供が独立をすると生命保険の必要保障額はぐっと減少する可能性があります。

 

子供の生活費分・教育費を考慮して保障額を設定している場合には、大きく保障額を減少・保険料を削減することができます。

 

ある程度の蓄えがあれば、死亡保障ではなく医療や介護など「長生きリスク」の方に資金を向けていけるように保障の見直しをすることもできるでしょう。

 

定年退職

定年退職を迎えると年齢が増しているため、保険を追加するというのは難しくなってくる可能性があります。

 

年齢を重ねると病気になる確率があがるので、保険会社が受けてくれないという可能性があります。

 

最近では高齢者向けの保険も販売されているので、まったく入れないという訳ではないと思いますが、定年退職を迎えてからは、保険を解約するという方向でプランを立てていくと良いでしょう。

 

 

最後に

いかがでしたか?

 

保険の見直しのタイミングは「人生の変わり目」「人生のビッグイベント」と覚えておくと良いと思います。

 

ただそれでも年に1回ぐらいは保障額が足りているのか?多過ぎないか?などはチェックはするようにしましょう。

 

必要保障額の計算方法については、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

>>【個人編】生命保険の必要な額って?必要保障額の考え方!

>>必要保障額算定のコツとポイント!

-生命保険の選び方

Copyright© 生命保険のおべんきょう , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.