生命保険の基礎から応用までをお勉強。比較のポイントや選び方、見直しっていつのタイミングでどうやるのか?おすすめとか人気の商品ってすすめられるけど実際どうなの?等々をご紹介!解約、解約返戻金、掛け捨てなどの用語も説明します!

生命保険のおべんきょう

生命保険の選び方

生命保険は30代はどう入るべき?何に入るべき?

投稿日:

30代は生命保険に入るべきか??

 

やはり30代となると20代の時よりも何かと責任感が強くなり、生命保険についても真剣に考える人が増えてくるようです。

 

そうなると出てくる疑問が「30代はいくらぐらい入ればいいのか?」という疑問です。

 

今回は30代の保険について考えてみたいと思います。

 

 

30代は生命保険にはいるべき?

私の考えとしては「30代だからと言って決まった内容や金額はありません」というものです。

 

30代でも結婚をしている人もいればしていない人もいます。

 

結婚をしていても子供がいる人もいればいない人もいます。

 

配偶者がすごく稼げる方である場合もあれば稼げない方な場合もあります。

 

貯金がたくさんある方もいれば、少ない方もいます。

 

生命保険は、経済的なリスク、つまり「万が一のことがあったらお金に困るかも」というリスクに対処するための金融商品です。

 

なのでその方の状況を把握しながら考えていかないといけません。



30代の生命保険の選び方

ここでは30代の生命保険の選び方についてご紹介します。

 

自分で必要保障額等を計算したいという方はこの記事を参考にしてみてください。
>>【個人編】生命保険の必要な額って?必要保障の考え方!

 

まずは自分である程度勉強をしましょう

まずは本やサイトなどである程度の知識をつけるようにしましょう。

 

金融商品というのは形がないので、判断するためには商品を理解する必要があります。

 

理解するためにはある程度の知識が必要です。

 

ここで知っておきたいのは、「どの商品が良いのか?」ではなく生命保険の種類などの本当に基礎の部分です。

 

医療保険であれば公的保障もあるんだなぐらいでいいと思います。

 

公的保障の内容を細かく知る必要はありません。

 

もちろん勉強できる人はするとなお良いでしょう。

 

複数人から提案を受けてみる

ある程度勉強が済んだら、複数人(3名ぐらい)から保険の提案を受けてみましょう。

 

この時、知人にお願いすると断りにくくなると思うので保険会社に直接電話をして担当者を紹介してもうか代理店を紹介してもらうと良いでしょう。

 

もし営業の人に押し込まれるのが不安な方であれば事前に「複数人から話を聞いている。内容によっては契約を他でする場合もありますがよろしいですか?」ってことを言っておくといいでしょう。

 

受けた提案内容を言語化する

複数人から提案を受けると異なった話をしてくることがあるでしょう。

 

この時に金額が不明確な提案は除きましょう。

 

「4人家族なら〇〇円ぐらいです」みたいな提案は全く根拠がありません。

 

根拠が明確な提案に絞って本当に自分のニーズに合っているのか?をじっくり考えてみましょう。

 

 

契約しすぎに注意!

生命保険の募集人は意識的にか無意識的にかかなり大きな提案をしてくることがあります。

 

リスクをすべてカバーするような提案ですね。

 

保険料が問題なければよいですが、すべてカバーすると保険料はすごく高くなることがあります。

 

あくまで生命保険は自分に万が一のことがあった場合に困らない程度にしておきましょう。

 

どうも残された人が儲かるぐらい契約している人が少なくないので・・・

 

 

ちなみに私は・・・

「ちなみにあなたはどんな提案が良いと思っているの?」

 

私は生命保険の募集はしていないのですが、基本的には「短期」「掛け捨て」がいいと思っています。

 

保険料を安くしてその分運用に回すという考え方です。

 

「掛け捨てはもったいない」って方もいるかもしれませんが、あまり運用益が出ない商品にたくさんお金を投入する方がもったいないと思います。

 

と言いながら一部はお金が貯まる保険にも入っています。

 

なのでどちらかによらずどちらもという案もあるんだなってことで探してみてくださいね。

-生命保険の選び方

Copyright© 生命保険のおべんきょう , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.