生命保険の基礎から応用までをお勉強。比較のポイントや選び方、見直しっていつのタイミングでどうやるのか?おすすめとか人気の商品ってすすめられるけど実際どうなの?等々をご紹介!解約、解約返戻金、掛け捨てなどの用語も説明します!

生命保険のおべんきょう

基本的な用語と仕組み

小学生・中学生が生命保険の作文を書くために知っておきたいかんたんな基礎知識

更新日:

生命保険というと大人でも難しいイメージがあると思います。

しかし、日々リスクと隣り合わせの現代においてはある程度は必要な金融商品であることは間違いがないと思います。今回は小学生や中学生が生命保険の作文を書くために知っておきたい生命保険の説明をしていきたいと思います。

生命保険ってそもそも何?

生命保険は、「困ったときのためにみんなでお金を出し合って助け合おう」というのを仕組化したものです。

「困ったときのため」というのは一家の大黒柱である方が亡くなってしまった場合のことを指します。

この「困ったときのため」が病気だったり、老後だったりと変わると、医療保険とか年金保険などになります。

でも一番はやっぱり亡くなった場合ですね。家のお金を稼いでいた方がいなくなってしまうので困ってしまいます。だから生命保険という仕組みで困らないようにお金が入る仕組みが用意されているんですね。

 

具体的な仕組みとは?

仕組みはすごく簡単です。仮に困ったときに1,000万円を用意するとします。10名の方がこの仕組みに参加するのであれば、一人100万円ずつ出し合えば合計で1,000万用意ができますね。

実際にはもっと複雑な計算になりますが、助け合う仕組みの根本はとってもシンプルです。

生命保険会社の役割は?

生命保険会社はこの仕組みを世の中に提供するために存在しています。「お金を出し合って貯めておいて、困った人にあげる」と言っても実際にその仕組みを作っていくとなると大変です。お金を出し合う人を集める・お金を集める・お金を貯めておく・困った人に渡す・・・等々やることがたくさんあります。この仕組みを会社として運営して実現しているんです。

生命保険の歴史はかなり古くからあります。そのあたりをしっかり知りたい人はこちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?

生命保険協会のウェブサイト

-基本的な用語と仕組み

Copyright© 生命保険のおべんきょう , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.