生命保険の基礎から応用までをお勉強。比較のポイントや選び方、見直しっていつのタイミングでどうやるのか?おすすめとか人気の商品ってすすめられるけど実際どうなの?等々をご紹介!解約、解約返戻金、掛け捨てなどの用語も説明します!

生命保険のおべんきょう

生命保険の選び方

生命保険の見直し!20代はここに注意!

更新日:

20代で生命保険の見直しと聞くとイメージが湧きにくいかもしれません。

 

そもそも保険の契約をしていない方も多い世代なので見直しも何も・・・という感じでしょうか?

 

でも、20代だって見直しをするのは大事です。

 

今回は20代の方の生命保険の見直しの注意点です。

 

20代の生命保険見直しのタイミング

20代の方の生命保険の見直しのタイミングはどんな時なのでしょうか?

 

いくつかご紹介します。

 

結婚

どの世代でも当てはまることになってしまいますが、生命保険の見直しが必要な時期として結婚を上げることができます。

 

守るべき家族ができるため、自分に万が一のことがあった時に配偶者が経済的に困るのかどうか?をしっかりと考えないといけません。

 

逆に言うと独身の場合には、最低限の死亡保障(自分に万が一のことがあった場合に身辺整理の資金、葬儀代など)で十分でしょう。

 

出産

さらに守るべき家族が増える出産というタイミングも見直しが必要な時期になります。

 

子供が生まれると生活費+教育費を考慮して必要保障額を設定するので、より大きな保障額になります。

 

このタイミングでしっかり保険を検討するという方も多いでしょう。

 

 

転職

転職をすると福利厚生が変わるので必要保障額も変わる可能性があるので見直しのタイミングになります。

 

また収入の上下もあると思いますので収入面からも再度見直しをする必要があるでしょう。

 

 

住宅購入

住宅を購入するタイミングも生命保険の見直しをするタイミングです。

 

住宅を現金一括で購入する方はほとんどいないと思いますので、基本的には住宅ローンを組んで購入をしていると思います。

 

住宅ローンを組む時に団体信用生命保険に加入が必要になる場合がほとんどだと思います。

 

団体信用生命保険とは、あなたに万が一のことがあった場合に、保険で住宅ローンを返済してくれるというものです。

 

ご本人にしても家族にしても安心ですね。住宅ローンは大きな金額になるので残したくもないし、残されたくもないですよね。

 

 

そもそも必要ない方も・・・

20代だと上記のようなイベント前の方も多々いるでしょう。

 

前述のとおり20代独身だと死亡保障はほとんど必要ないでしょう。

 

自分に万が一のことがあった場合の死亡保障100万~300万程度で良いと思います。

 

病気になることも少ない年代ですが、最近の医療保険市場は競争が激しく保険料が安く内容もどんどん充実しているので家計を圧迫しない範囲で医療保険やがん保険などに入っておくと良いでしょう。

 

保険期間は健康状態にもよりますが、短い期間に設定をして保険料を安くしていくのが良いと思います。ただ病気になると見直しができなくなるのでしっかりと考える必要があります。

 

20代で若いからといって保険が全く必要ない訳ではありません。

 

死亡保障は最低限入り、貯蓄がまだまだ少ない年代なので医療費をしっかり賄えるように医療保険に入るようにしましょう。

-生命保険の選び方

Copyright© 生命保険のおべんきょう , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.