生命保険の基礎から応用までをお勉強。比較のポイントや選び方、見直しっていつのタイミングでどうやるのか?おすすめとか人気の商品ってすすめられるけど実際どうなの?等々をご紹介!解約、解約返戻金、掛け捨てなどの用語も説明します!

生命保険のおべんきょう

生命保険の色々

生命保険の問題点は?生命保険のデメリットを考えてみた!

投稿日:

生命保険には様々なメリットがあります。

では、デメリットや問題点はないのでしょうか?

今回は生命保険の問題点やデメリットについて考えてみたいと思います。

 

定期保険の問題点

定期保険という商品は、一定の期間について保障をするという商品です。

10年の保険期間の定期保険であれば、10年間だけ保障がついているということになります。

10年後には保険は満了するのかというと、一定条件以外は基本的には自動更新されます。

自動更新があるので「手続きを忘れた!」ということはなくなりますが、問題はその更新時・更新後の保険料です。

更新時にはその更新時の年齢で保険料が再計算されます。

生命保険は年齢を重ねるほど保険料は高くなるので、気が付かないうちに保険料が上がるということです。

契約をするときに説明をされているはずですが、10年も経っていたら忘れてしまいます。

結果、突然上がった保険料にびっくりして保険をやめてしまう・・・ということが発生します。



終身保険の問題点

終身保険は保険期間の定めがない一生涯保障が続く生命保険です。

同時に解約返戻金が貯まるため「一生涯の保障を確保しながら老後の資金(の一部)を準備できますよ」というセールストークで販売されることがあります。

しかし、普通に考えるとわかるのですがこのセールストークは成り立ちません。

一生涯の保障を得るためには保険を解約することはできませんが、解約返戻金を使うためには保険を解約する必要があります。

減額や払済という方法を使うと対処ができそうな感じですが、上記のセールストークだけの場合は気を付けましょう。

 

査定上の問題点

環境査定と医務査定という言葉の意味はこちらをどうぞ。

>>タトゥー(入れ墨)があると生命保険にははいれないのか?

 

環境査定の問題

環境査定の問題は、基準があまり機能していないことではないでしょうか?

生命保険は募集人が一次査定を行います。

つまりこの段階で問題がある人は、募集人が断る必要があります。

しかし、報酬というインセンティブが働いている以上、一次査定を募集人が行うのは困難です。

この点は環境査定の問題点でしょう。

 

医務査定の問題点

こちらも環境査定と同じような内容になりますが、保険の契約をしたいという人が完全に正しい告知をするのは難しいでしょう。

また数年前の病気等についてどのぐらい記憶が残っているかという問題もあります。

 

仕組み上の問題点

生命保険は一度契約をすると長く入り続けます。

新商品が出たりすると見直しをしますが、それでも見直しをしながら長く契約を続けます。

現在の保険販売制度の仕組みで問題なのは、アフターサービスに報酬がほぼ発生しない点でしょう。

生命保険のアフターサービスには名義変更などの書類上の手続きや現商品の再説明等がありますが報酬が発生しないので、最初に契約をした後はほったらかし・・・ということが発生しています。

現在の金融庁の動きを見ていると変化がありそうですが、現状ではまだこの点に販売上の問題がありそうです。

 

 

 

-生命保険の色々

Copyright© 生命保険のおべんきょう , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.