生命保険の基礎から応用までをお勉強。比較のポイントや選び方、見直しっていつのタイミングでどうやるのか?おすすめとか人気の商品ってすすめられるけど実際どうなの?等々をご紹介!解約、解約返戻金、掛け捨てなどの用語も説明します!

生命保険のおべんきょう

生命保険の色々

生命保険の契約者貸付制度とは?保険会社からお金を借りれるの?

投稿日:

 

生命保険を契約時にたくさん検討をした人でも、契約後の機能については知らない方が多いと思います。

 

保険屋さんではないので当然ですが、いくつか知っておくだけでもいざという時に役に立ちます。

 

特に保険料の支払いがきついから解約をしたいという時に使える方法がたくさんあります。

 

保険会社側から考えると当然ですが、保険会社としては基本的には辞めて欲しくないのでなんとか継続をしてもらえるように制度を用意しています。

 

今回は数ある制度や仕組みの中の一つである契約者貸付制度についてです。

 

 

契約者貸付制度とは?

契約者貸付制度とは、その名称通りで「保険会社から契約者がお金を借りることができる」制度のことを言います。

 

「保険会社がお金を貸す??」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、お金がないから解約となるのを防ぐために用意されている方法といえるでしょう。

 

 

いくらぐらい貸してくれるの?

各保険会社によって限度額は異なりますが、多いのは「解約返戻金の90%」が上限というところが多くなっています。

 

解約返戻金とは、解約をした際に契約者に払い戻すお金のことを言います。

 

貯蓄型保険やお金が貯まる保険というのは、銀行口座のように預金が貯まるのではなく解約返戻金が一定額貯まることを指しています。

 

この解約返戻金の90%まで借りることができます。

 

利率は?

利率も保険会社によって異なりますが、2.5%前後のところが多いようです。

 

現在の金利情勢を考えると高めの金利と言えますが、先に述べたように解約返戻金の90%であれば基本的にはすぐに貸付を受けることができます。

 

手続きの仕方によっては3日程度で口座にお金が振り込まれます。

 

時間をかけて良いところを探すとか銀行と交渉をして・・・という場合とは、使い方自体が異なると言えるでしょう。

 

 

こんな時に使おう!

ではどんな時に契約者貸付を利用すると良いのでしょうか?

 

それは短期間だけだが今すぐお金を借りたいという時です。

 

短期間だけというのは、保険会社からお金を借りても結局利息はつきます。

 

今月だけお金がないとか、再来月には返せるなどの目処がたつ資金については利用をすると良いでしょう。

 

しかし、返せないというのであれば解約をした方が良い場合もあります。

 

そして今すぐ使いたい場合です。

 

解約返戻金の90%と決まっているので基本的には融資査定のようなものはありません。

 

あくまで書類がしっかり完備していて保険会社が求めている基準にあっているかだけです。

 

だから3日など短い時間で支払い(貸付実行)ができるのです。

 

 

ご利用は計画的に

こんな時に使おう!でも書きましたが、返せないのであれば解約をした方が良い場合もあります。

 

私自身、契約者貸付をして結局返すことができなくて解約をしました。

 

解約をすると貸付を受けた分と利息を取られて差額分の解約返戻金が戻ります。

 

「利息分、損をしたな・・・」ということがありました。

 

ご利用は計画的に。

-生命保険の色々

Copyright© 生命保険のおべんきょう , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.