生命保険の基礎から応用までをお勉強。比較のポイントや選び方、見直しっていつのタイミングでどうやるのか?おすすめとか人気の商品ってすすめられるけど実際どうなの?等々をご紹介!解約、解約返戻金、掛け捨てなどの用語も説明します!

生命保険のおべんきょう

生命保険の選び方

生命保険貧乏になる人はここに気をつけて

投稿日:

「生命保険が月数万円になってしまって困っています」

 

結構多いです、この手の質問。

 

いわゆる生命保険貧乏です。

 

生命保険は必要だと思って、しっかり相談をしているんだけど、相談をしている分どんどん増えて支払いも大きくなっているという状況だと思います。

 

今回は、生命保険貧乏になる原因とその対策についてご紹介します。

 

 

きちんと計算していない

まず一番多いのがきちんと必要な金額などを計算していないことが挙げられます。

 

生命保険業界の言葉で言うと必要保障額と言います。

 

この必要保障額を計算する為には、自分に不幸があったり病気になったりしてしまった時にどのぐらいお金が必要になるかを考えないといけませんが、よく抜けてしまうのが「今持っている資産や万が一後の生活の変化」です。

 

今持っている資産というのは、貯金や金融資産などすでに用意してあるお金です。

 

万が一後の変化というのは、あなたに万が一のことがあった場合は専業主婦だった配偶者が働き始めるとか、パートだった方がフルタイムで働くなどのことを言います。

 

要するに、すでに準備しているお金はいくらなのか?万が一後の収入はいくらになるのか?をきっちりと把握して計算する必要があるという子です。

 

丸投げしている

生命保険の保険料が高くなっている方に多いのが保険屋さんに丸投げしているケースです。

 

生命保険をしっかり理解して契約するのは簡単なことではありません。

 

ある一定の知識を身につけて対応をしないといけませんが、やはり忙しくてなかなか勉強などできません。

 

そうすると面倒になって保険屋さんに「もう任せるから適当にやって!」と丸投げをしてしまう方がいます。

 

こうなってくると保険屋さんはとにかく穴がないように保障内容的には完璧に入れてしまうことがあります。

 

何かあった時に「なんでこの部分に保障がないんだ!」と怒られたくないから多めに用意してしまうのが普通なのではないでしょうか?

 

もちろん契約上は全て契約する側が理解をしてますよってことで印鑑を押すのですが・・・

 

自分の人生の大事な保障です。

 

面倒でもしっかりと頑張って考えましょう。

 

 

お金持ちになるように入っている

変な言い方かもしれませんが、あなたに万が一のことがあると残された方がものすごく裕福になるように保険に入っている方も少なくありません。

 

つまり保険の掛け過ぎです。

 

きちんと適正な金額を契約するようにしましょう。

 

 

保険なのだから最低限にしましょう

お金がたくさんあるなら丸投げでも掛け過ぎでも問題ないかもしれませんが、通常は限りがあると思います。

 

保険はあくまで保険で、万が一のリスクに対処するためのものです。

 

残された方の頑張りも加味して、最低限かけるようにしましょう。

 

生命保険は最低限にして資産運用などで資産形成が進めば生命保険の必要保障額はどんどん少なくなってくるはずです。

 

保険貧乏にならないように、万が一も大事ですが今現在を大事にしましょう。

-生命保険の選び方

Copyright© 生命保険のおべんきょう , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.