生命保険の基礎から応用までをお勉強。比較のポイントや選び方、見直しっていつのタイミングでどうやるのか?おすすめとか人気の商品ってすすめられるけど実際どうなの?等々をご紹介!解約、解約返戻金、掛け捨てなどの用語も説明します!

生命保険のおべんきょう

生命保険の選び方

生命保険の見直し!30代はここをチェック!

投稿日:

30代ともなると、責任のある仕事についたり、結婚をしたり、子供ができたり、住宅を購入したり、少し暮らしぶりがよくなったりと、20代と比べると大きな変化がおこりやすくなります。

 

30代には生命保険の見直しを検討しなければいけない要素が満載です。

 

今回は、30代の保険の見直しのタイミングやポイント等をお伝えいたします。

 

30代の保険の見直しのタイミングは??

30代では結婚、出産等大きなイベントを経験する方が多くなります。

 

20代で経験する方もいると思うので、30代のみの話ではありませんが、30代の方に多い保険の見直しのタイミングをご紹介します。

 

結婚

結婚をすると独身のころとは異なり、自分に万が一のことがあった場合に大きな影響を受ける配偶者という家族ができます。

 

自分に万が一のことがあった場合に、配偶者の方は経済的にどうなるのか?自分がいなくてもやっていけるのか?やっていけないのか?という点を考慮しないといけないでしょう。

 

最近では、しっかりとお仕事をされている女性の方がほとんどだと思いますので、まだまだ大きな保障等は必要ないかもしれませんが、しっかりとお互いに万が一のことがあった場合のことを相談して保険の契約をするようにしましょう。

 

出産

出産して子供が生まれた場合も大きな保険の見直しのタイミングになります。

 

ポイントは結婚のときと同じで、自分に万が一のことがあった場合に・・・となりますが、配偶者と異なるのでは自分でなんとか生活をしていくことができるという前提は子供には設けることができないため、生活費+教育費までしっかり考えて保障を持つことが大事です。

 

また保険商品だけの話ではありませんが、自分に万が一が起きないケースでも教育費はしっかりと資金作りをしていかないといけないので、よりしっかりと考える必要があります。

 

住宅購入

住宅の購入も大きなイベントとなりますので、保険の見直しのタイミングと言えます。

 

住宅を購入する場合、住宅ローンを組む場合がほとんどだと思います。

 

この住宅ローンには団体信用生命保険という保険がついているケースがあるので、現在加入している保険と重複してしまう可能性があります。

 

団体信用生命保険とは、あなたに万が一のことがあった場合に、住宅ローンを全額返済してくれる保険です。

 

重複していると無駄な保険料を支払うことになりますので、しっかり見直しをしましょう。

 

 

家計を圧迫しないようにしっかり計算を!

20代のころは、勧められるままに保険に契約をしてしまう方も多いと思いますが、30代からはしっかりと自分で入る理由やその金額の根拠を把握するようにしましょう。

 

基本的には保険会社や代理店の方は、多めに提案をしてくるものです。

 

そうじゃない方もいらっしゃると思うので、多めに提案してくる方もいるかも?程度に思ってください。

 

実際には、1,000万の保障で良いのに2,000万勧められて契約をしてしまうと、保険料を多く支払うため子供の教育費づくりなどに回すお金が減ってしまいます。

 

ポイントは、あくまで最低限の契約をすることです。

 

あなたに万が一のことがあった場合に、残された方々が悠々自適に遊んで暮らせるような内容に入る必要はありません。

 

経済的に困窮をしないけど、頑張って生きていかないと!というレベルにしておくと良いでしょう。

 

 

次の見直しはできないかも・・・

30代の見直しで気にしたいポイントがもう一つあります。

 

それは健康の問題です。

 

20代、30代はまだ若いので病気になることも少ないかもしれませんが、40代になってくると何かと病気が顔をのぞかせてきます。

 

生命保険は、基本的には健康じゃないと入れないので30代の時に「また見直しをすればいいや」って適当に済ませてしまうとその後病気になってしまって、もう見直しはできませんってことにもなりかねません。

 

40代、50代でも見直しをすることはあると思いますが、「見直しができなくなるかも」という前提で見直しに取り組むようにしましょう。

-生命保険の選び方

Copyright© 生命保険のおべんきょう , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.