生命保険の基礎から応用までをお勉強。比較のポイントや選び方、見直しっていつのタイミングでどうやるのか?おすすめとか人気の商品ってすすめられるけど実際どうなの?等々をご紹介!解約、解約返戻金、掛け捨てなどの用語も説明します!

生命保険のおべんきょう

生命保険の選び方

生命保険の見直し!40代はここがポイント!

投稿日:

生命保険は一度契約をしたらそれでおしまい・・・ではなくて、状況に合わせて見直しをしていかないといけません。

 

見直しと聞くと追加ばかりを想像する方も多いかもしれませんが、無駄にかけている部分を減らす必要もあります。

 

今回は40代の保険の見直しのチェックポイントについてです。

 

40代は人生の折り返し地点

40代は、20代・30代という若い時代を過ごして、50代・60代という成熟した時代に突入するちょうど折り返し地点の世代と言えるでしょう。

 

40代はまだまだ色々と変化のある時期です。

 

特に健康面では不安がでてくる年代でもあります。

 

そして大切なのが老後がどんどん近づいてくるということです。

 

つまり、いままでの延長で考えるのではなく、違う地点に向かうという視点で考えていかないといけないのが40代と言えるでしょう。

 

 

40代で生命保険を見直しをするタイミングとポイント!

40代で生命保険の見直しをするタイミングとポイントをご紹介します。

 

学費

子供が大きくなっていよいよ中学・高校とお金のかかる時期に突入する方も多いのではないでしょうか?

 

ここまで蓄えてきた教育費を使うのももちろんですが、現在入っている保険もしっかりと見直して、少しでも無駄な出費を減らすようにしましょう。

 

住宅購入

40代は住宅を購入する方もたくさんいらっしゃるでしょう。

 

住宅を購入すると保険の見直しは必要です。

 

住宅ローンを組む時に一緒に団体信用生命保険の加入もしていませんか?

 

これはあなたに万が一のことがあった場合に、住宅ローンを保険で全額返してくれる保険です。

 

返済をしていかないといけないあなたが亡くなった時には、住宅ローンはすべて無くなるということですね。

 

ここで考慮をしないといけないのが、死亡保障の金額です。

 

今まで賃貸だった方は、家賃を死亡保障の金額の中に含めていると思います。

 

住宅ローンを組んだら、この部分は必要なくなるので減らすようにしましょう。

 

健康面を考慮した見直し

40歳を過ぎるといよいよ若さだけで乗り切ってきた健康面にも不安がでてきます。

 

生命保険は、健康でないと契約ができないという商品ですから、40代で保険の見直しをする時には「今後は見直しができなくなるかもしれない」ということを考慮して見直しをする必要があります。

 

 

老後の備え

老後は2,000万円必要だとかなんとかで、色々騒ぎがありましたが、老後の資金については自分でしっかりと計算をしましょう。

 

しっかりと計算をした上でお金を貯めていくようにしましょう。

 

今回は、2,000万が必要だとして計算をしてみます。

 

現在、40歳の方が70歳まで働くとして、2,000万を貯めるためには「2,000万÷30年=67万」を1年間に貯めていかないといけません。

 

これは物価上昇や金利での運用面を考慮していない単純な割り算での結果になりますので、保険を使うにしても他の金融商品を使うにしても、2,000万を貯めれるように逆算をして貯蓄にはげんでいかないといけません。

 

他にもいろいろとお金を使うことがあると思いますので、簡単なことではありませんがしっかりと計画だけでも立てていきたいですね。

 

 

個人的に40代で大事だと思うこと

保険の話ではなくなってしまうので、興味がない方は飛ばしてください。

 

40代の半ばから後半にかけての人に多いのですが、「現状維持」を考えている人が多く、新しいことに取り組む意欲が少なくなってくる年代のように感じます。

 

世の中にはホリエモンのようなどんどん新しいことをやっていく40代も多くいるので、40代という括りにするのは失礼かもしれませんが、相対的に多いような気がします。

 

今の時代、現状維持を40代から考えるのは早すぎるように感じます。

 

まだ20年近くも変化の多い中で生き抜いていいかないといけないのですから、若い時のようにどんどん新しいことを覚えていかないといけないのではないでしょうか?

-生命保険の選び方

Copyright© 生命保険のおべんきょう , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.